ドリンク

思ってたのと違った味わいとパワー リアルゴールドドラゴンブースト

投稿日:

リアルゴールド ドラゴンブースト

自販機にあるのは知ってたんですけど、スーパーに並んでいたので今になって買ってみました。リアルゴールド ドラゴンブースト。

TOPPY
気にはなってはいたんですよね
缶にも書いてある通り「エナジードリンク」という立ち位置なんですけれども、そこにリアルゴールドブランドがついていることで、これはリアルゴールドとどう違う?同じ会社のあのエナジードリンクとはどう違う?と思いつつも……。

その、同じ会社の別のエナジードリンク、コカ・コーラ エナジーをよく飲んでいました。

缶の上部はコカコーラエナジーと同じ

コカ・コーラエナジーが発売されたのが7月1日。コカ・コーラブランド初となるエナジードリンクという触れ込みでした。一方のリアルゴールド ドラゴンブーストが発売されたのは10月7日。

もともと、エナジードリンクという位置づけであるリアルゴールドからの、新しいエナジードリンクという登場の仕方でした。

ドラゴンブーストも、コカ・コーラエナジーと同じく、缶の上部はきれいな赤色で染め上げられています。

色は炭酸のお茶みたい?

注いでみますと、リアルゴールドというよりはお茶のような色合い。茶色ですね。リアルゴールドといえば、蛍光黄色みたいなイメージでしたので、それとははっきりと違います。

このドラゴンブーストのウリは「昇りつづける。ためのエナジー」。でも、リアルゴールドのすごいやつというのを想像すると味はちょっと違います。

あの味わいに近い

飲んでみますと、ああー、いかにもなエナジードリンクの味がしますね。そういわれると、もともとのリアルゴールドってエナジードリンクっぽい味じゃない気がします。

翼をさずげられるドリンクよりも、炭酸薄め、味薄め、甘め、ちょっと生薬の香りするという感じでしょうか。

でもなんか、どこかで飲んだことある味なんだよね~と思って記憶を辿ったら……。

台湾で飲んだエナジードリンク

蛮牛に似てる!
TOPPY
そもそも台湾の蛮牛って、パッケージがリアルゴールドっぽい感じだったから、逆輸入的な感じといって良いのでしょうか。

内側からブーストする東洋素材の影響か、飲んだあと、お腹のなかがジンジン熱を持ってた感じしました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
TOPPY

TOPPY

記事や脚本を書いたり ラジオで喋ったり サイト作ったりしてます 名古屋文化研究家 / ラジオパーソナリティ / 東海3県ローカルメディアウォッチャー / テレ東系マニア

-ドリンク

Copyright© TOPPY LIFE , 2020 All Rights Reserved.