サンヨーコインランドリーは看板に偽りなしだった

サンヨーコインランドリー

旅先で「SANYOコインランドリー」という看板を見かけました。あの三洋電機のSANYOです。「さん、さん、サンヨー!サンヨー!生きてる海です~広い海~みっつの海を渡ります」ですね。しかも旧ロゴですよ。1986年(昭和61年)まで使われていたロゴです。

三洋電機はいまも会社として残っていますが、パナソニックグループとなり独自ブランドは国内ではもう展開されていません。なので、さすがに看板が残っているだけでしょ?と思ったら大間違い。中に入ってびっくりでした。

まず乾燥機が「SANYO」です。しかもこちらはその1986年(昭和61年)に変更された新しいもの。とはいえ2011年(平成23年)までそのブランドはあったわけですから、乾燥機が10年選手であることは、特に驚くことではないよな…と思ったのですが。

いかにも古めかしい「洗剤・漂白剤 ソフター」の自販機があるではありませんか。こちらももちろんSANYOロゴ。洗剤や漂白剤、ソフターといった文字に歴史を感じますが新ロゴです。なのでこれは1986年(昭和61年)以降に作られたものでしょう。にしては文字が古めかしい。

さらに両替機もSANYOです。こちらは旧ロゴ。もちろん現役で稼働しているのですが、これはひとつ難点がありまして、500円玉が「旧硬貨のみ」になっているんですよね。近々また500円硬貨が新しくなったら、「旧旧硬貨のみ」にするんでしょうか。もう流通してなさそう…。

そして洗濯機だけは「AQUA」ブランドになっていました。三洋は白物家電部門を「三洋アクア」と別会社にしたうえで、中国ほハイアールグループに売却されているんですよね。そう考えれば、SANYOの流れをちゃんと汲んでいる洗濯機のままと言えます。

かつて三洋電機は洗濯機や乾燥機の部門が圧倒的な強さを持っていたんですよね。だからこそ、SANYOのコインランドリーという存在に付加価値があったと。いまも全国各地には当時の名残の「SANYOコインランドリー」がその名残として存在し続けているわけですね。

関連情報

タイトルとURLをコピーしました