ひとりごと

愛知の小学1年生の国語の副読本「尾張版」ってことは…三河版はじゃんだらりんとか教えるの?

投稿日:2021年4月8日 更新日:

ことばのひろば

愛知県の小学1年生には「ことばのひろば」という国語の副読本があるのですね。タイトルは「あのね」と書いてあります。

副読本ということで、教科書に沿った内容になっているようなのですが、表紙に気になる文字を見つけました。「尾張版」と書いてあるのです。

尾張と三河で国語の副読本の内容が違うということですよね。ということは、三河版には「じゃんだらりんのただしいつかいかた」とか書いてあるのかな?

というのは冗談で。尾張と三河で採用している国語の教科書が違うとかかな。

関連情報

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
TOPPY

TOPPY

記事や脚本を書いたり ラジオで喋ったり サイト作ったりしてます 名古屋文化研究家 / ラジオパーソナリティ / 東海3県ローカルメディアウォッチャー / テレ東系マニア

-ひとりごと

Copyright© TOPPY LIFE , 2021 All Rights Reserved.