インスタント食品

赤坂の中国料理店をイメージした中華三昧 酸辣湯麺のまろやかさ

投稿日:2021年3月12日 更新日:

明星 中華三昧 赤坂榮林 酸辣湯麺 (スーラータンメン)

酸辣湯麺、好きなんですよ。あれだけ酸味のあるラーメンってなかなか無いですよね。特に食欲が落ちたときには好んで食べていたのですが…。あのね、たまにいくショッピングモールにあった、酸辣湯麺のお店が無くなっていたんですよ…。

そしたら見つけました。カップ麺で酸辣湯麺。しかもあの明星・中華三昧ですよ。子どもの頃は高くて買ってもらえなかった憧れの銘柄です。

この酸辣湯麺は、東京・赤坂にある中国料理「榮林」の味をイメージしているんですね。創業は1956年(昭和31年)、そのお店の酸辣湯麺はもともとまかないだったもので、それがメニュー化して今や赤坂の名物になってるほどなんですって(パッケージの説明文より)

食べてびっくり!めっちゃまろやか!具材もいっぱい!さすが中華三昧ですね。

で、ちょっと調べて驚いたんですけど、酸辣湯麺は日本のメニューなんですか。本場は酸辣湯でしかないと。麺を入れたのは日本なんですか。まじですか。

関連情報

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
TOPPY

TOPPY

記事や脚本を書いたり ラジオで喋ったり サイト作ったりしてます 名古屋文化研究家 / ラジオパーソナリティ / 東海3県ローカルメディアウォッチャー / テレ東系マニア

-インスタント食品

Copyright© TOPPY LIFE , 2021 All Rights Reserved.